個人輸入で医薬品を買うのは合法?

個人輸入で医薬品を買うのは合法?

ED治療薬 個人輸入の方法
最近ではED治療をしている人で、海外医薬品が多く使われるようになりました。
はじめて聞く方は、海外医薬品を使う理由はなんだろうと考えるのではないでしょうか。
海外医薬品は通販サイトを利用して簡単に購入ができます。

海外医薬品を個人で直接輸入して使用すること=個人輸入。
薬事法でも認められていて合法で医薬品を使用できる行為です。
いくつかルールがあるため、守った上で正しい個人輸入をしましょう。

【個人輸入の注意点3つ】
(1)自己が使用する目的のみ
個人輸入は日本で未承認の商品も購入することが可能です。
安全な商品であっても、他人に譲る・売買というのは禁止。
もちろん、もらう行為もダメです。

(2)定められた用量で購入
医薬品を買う場合は、1~2ヶ月分であればまとめ買いはOK。
2ヶ月分以上購入しようとすれば、税関で止められてしまう可能性があります。

(3)すべて自己責任
個人輸入をしてなんらかのトラブルが起きても、すべて自己責任です。
海外のお薬は、医薬品副作用救済制度も対象外。
※医薬品副作用救済制度=日本で処方される薬を飲んで重い副作用が起こった場合、国・製薬会社から入院費をサポートしてくれる制度。
医療機関から処方されたお薬が対象です。

日本で普及していない医薬品を安全に使用できるためにルールであり、上記の3つは必ず守りましょう。
海外医薬品は格安で買える特徴を持っているので、治療費を節約したいという方や忙しくて病院に行けない方に人気の方法です。
通販サイトでは、製造されている国で安全性がきちんと認められた医薬品以外は取り扱わないので、ご安心ください。
ネット通販では違法サイトも存在しますが、堂々と前にはでてこられません。
信頼できるサイトは正規品の証明や、カスタマーサービスの充実に取り組んでいます。
個人輸入で簡単に医薬品をゲットしてみてください。